FC2ブログ

1次方程式の利用

少し前ですが、中学1年生の数学で1次方程式の利用を学習しました。

その中で、早さに関する文章題があります。
求められているものを「x」とするのはもちろんですが、
どう式を立てるかがカギになります。

「何分後に追いつくか?(何分後に出会うか?)」といった問題であれば、
まずは「時間(分)」を「x」とし、「追いつく」なら「それぞれが進んだ距離が同じ」になり、
「出会う」なら「それぞれが進んだ距離を足せば全体の距離」になるので、
道のりを求める式(速さ×時間)を用いて考えていきます。

「〇〇分かかった。道のりは何kmか?」といった問題であれば、
まずは「道のり」を「x」とし、「結論として述べているのは〇〇分という時間」になるので、
時間を求める式(道のり÷速さ)を用いて考えていきます。
プロフィール

hatayajuku

Author:hatayajuku

【玉造校】
 〒311-3501
 行方市芹沢819〔地図

【小川校】
 〒311-3426
 小美玉市下馬場528-1〔地図

カテゴリ
最新記事
QRコード
QR