FC2ブログ

次郎と二郎

先日、とあるテレビ番組で『次郎』と『二郎』の違いについて説明していて、
「なるほど」と思ったのでみなさんにもご紹介します。

平安時代の武士は子供が多く、しかも子供たちは成人するまでは
正式な名前をもらえず、生まれた順に『○郎』と呼ばれていたそうです。

一番目は丈夫に育つよう『太郎』、二番目は太郎の次の跡継ぎ
であることから『次郎』、以下『三郎、四郎・・・』と呼ばれました。

では、『二郎』とはいったい何番目の子なのかというと、それは
十二番目なんだそうです(同じように『一郎』は十一番目です)。

なぜかというと、当時の武士は切腹する際に腹を十字に切ったそうで、
そのため『十』は縁起が悪いとされ、使用を避けられていたようです。

そうなると、十三番目は『三郎』になってしまいますが、それは
『又三郎(又:ふたたび)・与三郎(与:さらに)』と呼びました。

さらに、『七』も「『十』に似ているため、『七郎』を
『三四郎(3+4=7)』と呼ぶこともあったそうです。

「じゃあ、『十郎』は何て呼んでいたんだろう?」と思ったのですが、
その番組ではそのことには触れず、調べてみても分りませんでした。

その後、時代が下り、江戸時代になると、子供の数も減り、
一番目は『一郎』、二番目は『二郎』と名付けられるようになったそうです。
プロフィール

hatayajuku

Author:hatayajuku

【玉造校】
 〒311-3501
 行方市芹沢819〔地図

【小川校】
 〒311-3426
 小美玉市下馬場528-1〔地図

カテゴリ
最新記事
QRコード
QR