FC2ブログ

単語とアクセント

小学生との英語の授業で、1~20・30・40・・・100まで数字を言ってもらいました。

間違いやすいのが、13と30など、「○○teen」と「○○ty」の違いです。
※「ティーンエイジャー」を、「10代」という意味で使うのをよく耳にしますが、
  正確には、「teen」が付く、13~19歳を指します。

その生徒は「ン」の付く・付かないを区別して発音していたようなのですが、
聞いているこちらとしては微妙な発音に聞こえます。

改めて発音してもらっても、やはり「ン」の有る無しに
明確な違いがないように聞こえます。

「何が違うんだろう?」と思った矢先、あることに気付きました。
それは発音される語にアクセント(正しくはストレス)が無いことです。

「○○teen」は「e」にアクセントが来ます。
「fifteen」であれば、「フィフテ[ィー]ン」と発音します。

対して「○○ty」は「○○に入る数字の最初の母音」にアクセントが来ます。
「fifty」であれば、「フ[]フティ」と発音します。

この説明を生徒にすると、「だからだ!私、(出席番号が)19番なんだけど、
ALTの先生に言ってもイマイチ伝わらないのね。そっかー、謎が解けた!」
と言っていました。単語を覚える時はアクセントも一緒に覚えたいですね。
プロフィール

hatayajuku

Author:hatayajuku

【玉造校】
 〒311-3501
 行方市芹沢819〔地図

【小川校】
 〒311-3426
 小美玉市下馬場528-1〔地図

カテゴリ
最新記事
QRコード
QR