FC2ブログ

幡谷塾とは・・・

 茨城県行方市・小美玉市に2教室をかまえる学習塾。小学3年生~高校3年生まで、幅広い生徒が対象。
 勉強以外にも来るのが楽しみな塾、そんな塾を目指しています。

入試対策5科コース (1クラス10名以内)
    中学1年生の復習から始まり、その後は中学2年生、3年生の学習内容へと進み、
    入試で得点できる力を養っていきます。県立入試へ向け、決められたカリキュラム
    に沿って進んでいくコースです(1授業1単元のペースで進んでいきます)。
 
    ◆このコースが向いている人◆
    ・5教科(最大)受講で合計得点の底上げをしたい    ・ある程度基礎はできていて入試のための勉強に取り組みたい
    ・同学年の生徒と刺激し合いながら学んでいきたい   ・週3回(最大)通塾するペースで勉強の習慣をつけたい

対象学年&教科
   【中学3年生のみ】英語・数学・社会・理科・国語

選べる学習スタイルコース(講師:生徒=1:2 or 1:1)
    事前の話し合いにより、授業で取り組んでいく内容を決定し、それに沿って進めていきます。
    現在学習している単元に沿って授業を進めていくことも、前の学年の内容に戻って復習して
    いくことも、入試を見据えて授業を進めていくこともできる、柔軟度の高いコースです。

    ◆このコースが向いている人◆
    ・自分のペースで学習を進めていきたい       ・苦手な教科だけ受講したい
    ・分からない所はその場ですぐ質問したい    ・少人数でじっくり教えてほしい

対象学年&教科
   【小学部:小3~】英語・算数・国語
   【中学部:全学年】英語・数学・社会・理科・国語
   【高校部:全学年】英語・数学(国公立大・私立大・専門学校・公務員試験等対象)
     ※1教科分から受講可能(1教科分=週1回1授業60分で月4回)
     ※公立中学校の選抜検査対策は、完全個別指導形態(講師:生徒=1:1)での受講となります。

指導の特徴
    分からない所は何時まででも無料で質問を受け付け(全学年) |   茨城統一テスト協議会加盟塾
    月初の月例試験で前月までに学習した内容を確認(小・中学生)|   数学検定準会場認定校 / 漢字検定準会場認定校
    定期テスト前はテスト対策を実施(中学生)         |   日本語検定準会場認定校 / 歴史検定準会場認定校

    授業料等 / 塾内の様子 / 塾内行事 / その他 / 入試関連 / お問い合わせ / リンク

"You are being kind."

高校3年生との英語で、時制についての復習をしました。
その中で "You are being kind." という表現が出てきたのですが、「"You are kind."
ではダメなんですか?」との質問がありました。

"You are being kind." は「be動詞+~ing」の現在進行形で表されています。
そして、現在進行形は「今、この瞬間にしていること/そうであること」を表します。
ということは、この表現は「今、この瞬間は親切だ。」という意味になり、「普段から
親切である」ことを表す現在形、"You are kind." とは明確に異なります。

実際、その後には、"You are always mean to me.(いつも私には意地悪なのに)"
という文が続いていました。

共通テストの成績提供手数料

大学入学共通テストを入試に利用する大学が、受験生の成績提供を受ける際に大学入試
センターに支払う成績提供手数料について、1200円・1500円と2年かけて2倍にする
(今回は1件当たり750円でした)ことをセンターが各大学へ通知したとのことです。

センターは国から運営費を受け取っておらず、受験生が支払う検定料が収入の約9割を
占めているそうです。成績提供手数料を値上げすることで赤字を回避し、検定料を据え
置くとみられているようですが、大学側が個別試験の受験料に上乗せする可能性も指摘
されています。

センターの試算では、検定料や成績提供手数料を現行のまま維持した場合、2021年度に
約4億円の赤字となり、その後も10億円以上の赤字が続くとされています。

北山文化と東山文化

中学2年生との社会で、室町時代について復習をしました。
その中で、足利義満(3代将軍)の時期の文化である「北山文化」と、足利義政
(8代将軍)の時期の文化である「東山文化」が出てきたのですが、どちらがど
ちらか分からなくなってしまうことがあるようです。

これは頭文字作戦でいきましょう。
足利義満が建てたのは「金閣」で「北山文化」。どちらも頭文字は「き」です。
そうなると、足利義政がの時期が「東山文化」となりますね。(義満が「金閣」
を建てたことを覚えていることが前提ですが)。

次世代グローバルリーダー育成プログラム

県では、「次世代グローバルリーダー育成プログラム」の令和3年度受講生(4期生)を
募集しているようです。

このプログラムは「新しい人財育成へのチャレンジ」の一環で、英語の学習意欲・能力
の高い中高生を対象に、インターネットを活用したトップレベルの英語学習や海外留学
生との交流等を通して、グローバル社会で活躍できる「人財」の育成を目指すものとの
ことです。

興味のある方は、以下のサイトとリーフレットをご覧ください。
次世代グローバルリーダー育成事業 / リーフレット

一般動詞の否定文・疑問文

中学2年生との英語で、中学1年生の復習をしました。その中で一般動詞の文を否定文
や疑問文にする問題が出てきたのですが、3単現の "s" が付いていたり、過去形だった
りする場合に、動詞を原形にするのを忘れるミスが多く見受けられます。

否定文であっても疑問文であっても、3単現の "s" が付いている場合は "does" を、
過去形であれば "did" を用いることになるのですが、"does" は "do" に "(e)s" が
付いたもの、"did" は "do" の過去形なので、動詞を原形にしないと、3単現の "s"
や過去形の "ed" がダブって付いてしまうことになります。

一般動詞の文を否定文や疑問文にする場合は、動詞を原形にすることを忘れないよう
にしましょう。

新しいテキスト

中学校の新学習指導要領が4月から施行となりましたが、「英語の教科書採択に
ついて、自治体の判断により新版教科書での旧採択を使用することもある」との
発表もあり、新年度が開講しても全学年のテキストが揃っている状態ではありま
せんでした。

が、採択教科書の確認も取れ、来週にはようやく新しいテキストをお渡しできそ
うです。解答も一緒に渡すので、時間の都合で手を付けられなかった問題等があ
れば、自分で取り組んでみましょう。解き方が分からない場合は、質問してくだ
さいね。

県立高入試での採点ミス

今春と昨春の茨城県立高校入試で発覚した採点ミスの問題について、茨城県教育委員会
のサイト「茨城県立高等学校入学者選抜における採点ミス等への対応について」で答案
の開示請求や、茨城県立高等学校等入学者選抜調査改善委員会の開催について掲載され
ています。

参考に、茨城新聞の記事「茨城県立高入試、採点ミス 再発防止へ改革 人的エラー前提に
もご覧ください。

参勤交代

先日、歴史の新事実を紹介する番組を観ていると、「参勤交代」についての特集をしていました。

参勤交代について、教科書には「大名は1年おきに領地と江戸とを往復することになり、その費用
や江戸での生活のため多くの出費を強いられました。」とありますが、新事実は違うようです。

戦が無い平和な世となった江戸時代、大名たちはここが見せ場とばかりに見栄を張り合い、その
結果として多大な出費となったこと(藩の年間支出の約半分を占めたそうです)。
また、参勤交代を請け負う商人がいて、他藩と取り合いにならないよう宿の手配をしたり、今で
いう人材派遣会社に行列に参加する人を手配してもらったり(行列の1/3は派遣だったとか)、
行列の先頭を務める毛槍にはイケメンを派遣してもらったりといったことが紹介されていました。

行列に遭遇した町民はその場で平伏するイメージがありますが、徳川家以外の大名行列にはそれ
をする必要はなかったそうですよ。新しい史料が見つかったり、研究が進むにつれ、新たな事実
が分かってくるんですね。

波崎柳川 定期テスト廃止

波崎柳川高が本年度から定期テストを廃止し、小テストなやレポートを通じた評価に
切り替えるそうです。

2022年度から実施される新学習指導要領が示す「何ができるようになるかの明確化」
の実践を目指し、生徒の学習の質向上に加え、教員のテスト作成や採点といった負担
を軽減させる狙いもあるようです。定期テストの廃止については、数年前に千代田区
の麹町中学校が実施し、テレビ等で取り上げられ話題になっていました。

これまで定期テストを実施していた時間は授業に充て、採点にかかっていた時間は、
研修や教材研究に活用する方針とのことです。

詳しくは、以下の茨城新聞のサイトをご覧ください。
茨城県立波崎柳川高 中間・期末試験を廃止 小テスト、リポート評価

エイプリルフール

4月1日は「嘘をついてもいい日」とされるエイプリルフールでした。
欧米が発祥の風習だそうですが、「嘘をついていいのは午前中だけ」という
ルールがあるのを初めて知り、調べてみました。

諸説あるようですが、イギリス発祥説が有力なようです。1660年の王政復古
後に王となったチャールズ2世が、清教徒革命中(1651年)に議会派の軍から
逃れる際、オークの木に隠れて助かったという逸話が国内に広まり、「オーク
アップルデー」として人々に祝われるようになったそうです。そして、その日
の午前中はオークアップルを身に付けて国王に忠誠を誓う習わしがあり、それ
が流用され、エイプリルフールの嘘も午前中までとなったようです。
プロフィール

hatayajuku

Author:hatayajuku

【玉造校】
 〒311-3501
 行方市芹沢819〔地図

【小川校】
 〒311-3426
 小美玉市下馬場528-1〔地図

カテゴリ
最新記事
QRコード
QR